hiroshiogurajpの記事一覧

「トラウマはない?」確信犯で行こう!
「トラウマはない?」確信犯で行こう! 昨晩「幸せになる勇気 自己啓発の源流アドラーの教えⅡ」(ダイヤモンド社)発売記念イベントである著者・岸見一郎先生、古賀史健さんと編集者・柿内芳文さんによる対談を聞きに行ってきた。 幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII posted with ヨメレバ 岸見 一郎...
シャングリラホテル東京 最高級ホテルに泊まるセレブに共通する振る舞い
シャングリラホテル東京 最高級ホテルに泊まるセレブに共通する振る舞い 桐山秀樹氏により2014年5月5日にPRESIDENT Online へ寄稿されたコラムがふと目にとまった。それによれば、最高級ホテルに泊まる世界中から集まるセレブたちには共通する振る舞いがあるのだという。 (以下、同コラムから引用) 東京駅八重洲口...
自発的特性転移「人の悪口を言う人が嫌われるのはなぜか?」
恥ずかしながら、かつて私は人の悪口をよく言っていたものだ。「あの人は意地悪だ」「あの人はずるい」。すると、不思議なもので、悪口を言っている私までもが嫌われた。 「小倉さんは人の悪口ばかり言っている」「言っている小倉さんだって意地悪だよね。ずるいよね」 ところが、最近は、逆の現象が起きて困っている。人の悪口を言うのをやめ...
ブレない自分をつくる「古典」読書術 週間第一位!
【 御礼 】丸善丸の内本店で週間第1位 人間塾の仲間たちや皆さんの応援、そしてお力添えをいただいた丸善丸の内店様、日刊工業新聞社の皆さんの多大なるご努力のおかげ様で、先行販売させていただいた丸善丸の内店様で、週間ランキング第一位です。 ブレない自分をつくる「古典」読書術 (B&Tブックス) posted wi...
カインドオブブルー/マイルスデイビス スタミナ定食、ニシンの塩焼き定食と
渋い大人になりたかった。 それならば、ジャズと映画だ。渋い大人は必ずジャズと映画を語れるに違いない。大学一年の僕は、根拠なくそう思っていた。 新潟から東京へ出てきて4ヶ月。僕は京王線と井の頭線が交差する、渋谷と新宿からそれぞれ10分の明大前に住んでいた。駅から徒歩12分、風呂なし、エアコンなし家賃3万5千円のボロアパー...
メルマガ vol.247 いい人のフリやめました。とっくにいい人だから(笑)
いい人のフリやめました。とっくにいい人だから(笑) 思い込みは恐ろしい。「私は悪い人間だ。人に迷惑をかけている」そんな自己概念が自分の中にずっとあることに気がついた。 アドラー心理学で呼ぶライフスタイル(性格)は3つの要素で構成されている。自己概念、世界像、自己理想、だ。この3つは以下のような文章でつなげてみると理解し...
古典読書術 ハードルが高い「古典」を読む3つの方法【 小倉広メルマガ vol.245 】
ハードルが高い「古典」を読む3つの方法 40歳前後で壁にぶつかった。仕事の壁。プライベートの壁。人間関係の壁。 「神様は同じ宿題を出し続ける」という。もう逃げちゃダメだ。ここで向き合わなくちゃ。そう思った。 直感で「古典」に学ぶしかない、と思った。これも「神様からの宿題」。ずっと逃げ続けてきた古典に向き合うチャンスだ。...
「古典」読書術 ブレない自分をつくる 小倉広新刊発売
ブレない自分をつくる「古典」読書術 小倉広新刊発売 2016年最初の新刊は「ブレない自分をつくる『古典』読書術」(日刊工業新聞社)3月2日発売です。 本書は、ありがたいことに日刊工業新聞社さんの設立100周年事業として、特別に力を入れて企画、販売していただくものです。初版部数は同社の通常書籍の数倍。販促にも最高に力を入...
40代 で必ずやっておくべきこと 掲載されました The21 PHP
40代 で必ずやっておくべきこと 掲載されました The21 PHP THE21PHPさんにまたまたインタビューいただきました! 巻頭の名経営者インタビューに、出井さんや鈴木さんと並んで、元リクルート、元上司の小笹さんが! 巻頭の連載陣に木暮さん。さすが。 40代のリアル特集。 インタビューを受けているメンバー。ほとん...
アドラー心理学 【 連載 】日経ビジネスon line 上司の言いなり「カメレオン係長」を脱皮させる 素直で真面目だが、「喜ばせ屋」のままでは先がない
職場の”困ったちゃん”対策はアドラーに聞け (連載全体のリード) 2015年度年間で最も販売部数が多かったビジネス書「嫌われる勇気〜自己啓発の源流アドラー心理学」(岸見一郎、古賀??著)を筆頭に、拙著「アドラーに学ぶ部下育成の心理学」「アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学」「アルフレッドアドラー人生に革命が起き...