海菜寺(うなじ) 稲村ヶ崎の海が見える絶景テラスの隠れ家レストラン

海菜寺(うなじ) 稲村ヶ崎の海が見える絶景テラスの隠れ家レストラン

稲村ヶ崎まで歩いて10分弱の極楽寺に引っ越してきて、ずっと気になっていたレストラン海菜寺(うなじ)に初めて行ってきた。

20160105_040943000_iOS

鎌倉駅から江ノ電で10分。稲村ヶ崎駅徒歩2分。僕は家から歩いて8分でした。
20160105_040607000_iOS

駅から歩いてすぐ。セブンイレブンの脇の道からもう既に海が見える。あがるなぁ。
20160105_040730000_iOS

セブンの先にある音無し橋を渡るとすぐ。音無し橋だけど滝と川のせせらぎが聴こえる。
20160105_040854000_iOS

江ノ電の線路に併設して入り口が。電車の上に見える中腹にある建物が今日のお目当て、海菜寺(うなじ)です。
20160105_040926000_iOS

温泉旅館に来たみたい。なんか落ち着くなぁ。そして、気分があがる。脇にはお正月の門松。
20160105_041029000_iOS

階段を上って、入り口を入ると、目の前に一面の広大なテラスと海。
20160105_041252000_iOS

20160105_041307000_iOS

20160105_041319000_iOS

すぅーーー、っと思わず息を吸い込む。海の香り。太陽が金色にキラキラ。コートなんかいらない。シャツ一枚で汗ばむ陽気の1月。
20160105_041604326_iOS

ランチはお正月ということで豚しゃぶとオードブルのコースのみ。
20160105_041407000_iOS

まずは、グラスシャンパンで乾杯。
20160105_042032000_iOS

八寸のようなオードブル
20160105_045015000_iOS
海老しんじょ、カリフラワーのしんじょ、ズワイガニとめかぶといくらの酢の物、百合根の茶巾包み梅肉ソース、牛肉しぐれ煮おこわ、茶碗蒸し

20160105_045021000_iOS

板長さんがお料理をていねいにご説明してくれます。
20160105_045302000_iOS

あー。海を見ながらの食事。最高だなぁ。幸せ。
20160105_045548000_iOS
とんびが食事を狙ってるから、テラスではお食事はお出しできません、とのこと。
食前酒とデザート。そして、海と山の景色を見るためにある贅沢なテラス。
20160105_041307000_iOS
食事は進み、メインディッシュのもち豚と鎌倉野菜のしゃぶしゃぶへ。

20160105_052016000_iOS

マネジャーの江原さんがしゃぶしゃぶを実演してくれます。

20160105_052100000_iOS

油揚としいたけが入ったお出汁でいただきます。

あっという間にぺろりと完食。お出汁におそばとお持ちを入れて〆です。
20160105_053408000_iOS

もう、糖質制限なんて言ってられません。今日は解禁!
デザートだっていただきます!
ぜんざいのクリームブリュレ
20160105_055633000_iOS

デザートはもちろん、テラスで。今度は海ではなく山を見ながら。
スプーンだってかじっちゃう。
20160105_065005000_iOS

おみやげに、ナッツのドライドレッシングを買って帰りました。
これ、ドレッシングというより、ナッツそのものですね(笑)

おつまみとしても人気とか。クリームチーズに合わせてもうまいそうです。
ナッツとちりめんじゃこでサラダにかけて食べるそう。
20160105_051720000_iOS

20160105_051452000_iOS

こりゃあ、リピート確実だな。月夜の海を見てもいいかも。
こんな素敵なレストランが家から歩いてすぐなんて。

またまた、しみじみ鎌倉LOVE♡ 引っ越して来て良かった!

スポンサーリンク

小倉広メールマガジン

16万部突破「アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉」9万部突破「33歳からのルール」さらには「任せる技術」「僕はこうして苦しい働き方から抜け出した」など数々のベストセラーを輩出する作家、講演家小倉広の無料メールマガジン。書籍と同じくらい本気で書いています。お気軽にご登録下さい。

※毎週2回配信
※携帯メールもご登録可能です。ドメイン指定を解除して下さい。

本記事をSNSでシェアする

下記ボタンを押すとコメント付でシェアできます
CATEGORY :